家庭円満.com

家庭が円満であればどんなことだって乗り越えられる!

通勤時間が長いのは仕事にも家庭にもメリット! ~スマホは通勤時間専用アイテム~

こんにちは、みちおです。

今日は電車にまつわる通勤のお話し。通勤電車はみなさん、どのように過ごされていますか?

060507


車内で乗っている人を見回してみると、たいがいスマホをいじくってる感じですね。他には音楽を聴いているか、本を読んでいるか、寝ているか、といったところでしょうか。そういえば、ただ外を見てぼーっとしている人って最近全然見かけませんね。


みちおの過ごし方ですが、大多数の方と同様です。スマホをいじくる、iPodで音楽を爆音で聴く、タブレットで電子書籍を読む、といった過ごし方が主です。スマホではニュースを読んだり、このブログを執筆したりしています。


ところで、通勤時間はみなさんどれほどの時間なんでしょうか?

通勤時間は短いにこしたことはないと、名の知れたブロガーの方が言われている記事を見たりしましたが、みちおは一概にそうは思っていません。

人それぞれ置かれている立場や価値観によって違うとは思いますが、少なくともみちおは、ある程度の通勤時間はほしいタイプです。片道1時間くらいが理想かな?

では、なぜ通勤時間がほしいのか?

仕事でも家庭でもない時間を公式的に確保できる!


仕事中は仕事に集中、家に帰れば家庭円満を志すみなさんは妻や子ども、家事に集中するわけです。そうなるとひとりの時間はほとんど持てません。

家に帰って自室にこもれば? とも考える方もいると思いますが、いろいろ話したい妻や子どもをほおっておいて自分の時間を過ごすのは、のちのちに影響しちゃいます。家族のなかで除け者にされたら家庭円満だなんて言えませんよね。


それなら仕事帰りにどこかに寄り道でもして、というのもひとつの方法でしょう。

しかし、帰りの時間を把握されている場合、帰りが遅いと変に勘ぐられることにもなりかねません。また、カフェなどに寄るにしても、つもり積もればコーヒー代もバカになりません。


そのようなときに心置きなく自分の時間を持てるのは、そうです、通勤時間なんです! しかもそれは奥さんにも公式に認められたあなたの時間なんです。


たとえば歩いて5分のところに職場があったとしましょう。出勤ギリギリまで家にいられることは理想のように思えますが、それが逆にあなたの首を絞めることにもなりかねないんです。

「いつまで寝てるの?」と、とがめられたり、

とことん朝から家事を任されるのが日常になったり、

仕事帰りにちょっとした寄り道もできなくなったり…


仲の良い奥さんとの時間をいっぱい持てることはいいことだと思いますが、そこまで一緒だとありがたみすら分からなくなってしまう。

かといって奥さんを置いて出掛けてばかりいても、それはそれで奥さんを大事にしていないように思われてしまう。


いまの自分の家庭環境を客観的に振り返るためにもちょっとした時間は必要なんです。そういうとき、通勤時間は日々あることだし最適なんです。

家庭から離れたときに奥さんの良いところが分かるということも、少しのまとまった時間がなければそれに気づくまでの思考にたどり着けません。


徹底的にスマホをいじれるのも利点ですね。スマホなんて通勤時間のために開発されたと言ってもいいんじゃないですか? 誰かといるときにスマホばかりやられると気分よくないからこそ、ひとりでいる通勤時間が最適でしょう!


仕事モードと家庭モードの切り替え!


みちおは仕事モードから家庭モードに切り替えることに時間がかかります。すぐに気持ちを切り替えられません。

どういうことかと言うと、仕事のストレスを家庭に持ち帰ってしまう危険性があるということです。それは家に帰ってからも、必要以上に愚痴愚痴言ってしてしまうようなことです。

それを防いでくれているのが通勤時間です。

イラッとしたことも仕事を離れて1時間もすれば、よほどのことでない限りほとぼりが醒めるもんです。イライラしてたけど、いま思うとそこまででもないな、っていう具合です。


そんなにストレスがない場合でも、たとえば仕事の構想を職場を離れてからもまだ頭で練っていたとしましょう。それも1時間もすれば、飽きるなり、考えがまとまっているなりしているでしょう。

そうすれば、家に帰って奥さんの話が上の空になるなんて事態は減るわけです。これは家庭円満の秘訣ですね!


疲れているときや夜遅いときなど、通勤時間が長いと嫌気が差すことも当然ありますが、それ以上にいつも一定の時間、自分の時間が確保できることは利点だと思いますね。


満員電車がキツい? ある程度通勤時間がかかるところから出勤する場合、自分のスペースはコツさえつかめば十分確保できます。中途半端に近い出勤だと電車に乗るときから混んでるから大変なんです。


今日も面白おかしく笑わせてくれる妻に感謝。