家庭円満.com

家庭が円満であればどんなことだって乗り越えられる!

食べ放題、飲み放題、音楽聴き放題、動画見放題のサービスは心と身体にとって害だ!

こんにちは、みちおです。

Amazonで動画見放題のプライムビデオというサービスが始まりました。年間3,900円(税込み)を払ってAmazonプライム会員になると、映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題になるというサービスです。

レンタルビデオ屋さんにビデオを借りに行く、ということがそのうち無くなってしまいそうなサービスですね。

ちなみに、プライムビデオで観られる映画やドラマがどういうラインナップか、ざざっと見ましたが、これどうなんでしょう? みちおは正直これからのサービスかなという感じがしました。あまりそそられる作品がなかったです。

違う考え方をするなら、すでにプライム会員の人にとってはいいおまけができたかな? ってところのラインナップであるように思います。


わりと話題になっているサービスなので、あえてプライム会員に登録することで値段以上の価値を感じられる人について考えてみました!

よくAmazonで買い物をして商品配達は時間指定じゃなきゃ困る人。連続で観たいドラマやアニメがある人。AKB48の映像をとにかく観たい人。ヤクザ映画を心置きなく観たい人。

といったところだと思います。

アメリカのテレビドラマの「プリズンブレイク」や「24」、「glee」あたりをまとめて観られるのは結構いいかもですね。

自分は該当する、と思った人は1度どんなものか見てみるといいですよ。登録は↓のリンクからできます。

Amazon.co.jp: Amazon Prime


さて、今回の本題はAmazonのプライムビデオではありません。

amazon


多岐に渡る「放題ビジネス」


今回の本題は、世の中にあふれているサービスの「○○放題」についてです。プライムビデオも新たに生まれた動画見放題というサービスになりますね。

他に思いつくこととしては、食べ放題、飲み放題、音楽聴き放題、詰め放題、通話し放題、ネットし放題、読み放題などが思い浮かべられます。

あらためて考えると多岐に渡って「放題ビジネス(そんな呼び方するのかな?)」が存在しますね。なんだか贅沢な世の中になったなーって思いませんか?


「○○放題」は確実に心身に悪い


昔からあって放題ビジネスの代表格は、やはり食べ放題でしょうか? 皆さんも1度は行ったことありますよね? 定額を支払って、90分とか120分とか時間制限があって、その間はいくら食べてもいいというサービス。

食べ放題を利用して後悔することってわりとよくありませんか? それはなぜか?

食べ放題だとどうしてもたくさん食べないと損するという、おかしな損得勘定が働いてしまい、必要以上に食べすぎてしまう傾向があるからです。

気持ち悪くなるくらいたくさん食べても、少し物足りないくらいで止めておいても、時間が経てばどうせお腹は空くので、どっちも損得はないんですけどね。

それを分かっていても結局は、食べすぎることで気持ち悪くなったり、太ってしまうことを後悔するんです。これってどう考えても身体に悪い食べ方ですよね?

高いお金払って、食べすぎへの罪悪感というマイナスの感情を呼び起こし、身体にも負担をかける。食べ始めは楽しくていいけど、最後は心身にダメージを与えるなんていいサービスとは思えません。

もちろんそうならないように腹八分目までにしておき、それでも食べ放題を選んでよかったと思える感情の持ち主なら問題ありません。けれども、そう簡単にそれで満足できる人はいません。ほどほどにしたら損したと考える人が大半のように思います。

ということを考えると、どんな利用の仕方をしても、心には損得勘定や罪悪感を呼び起こし、身体には普段の生活では起こりにくい負担をかけることになります。

食べ放題、あなたはそれでも行きますか?

みちおは最近、食べ放題に行くくらいなら、少し高いお店に行って好きなものをのんびり食べた方がいいと思ってます。


他のサービスについても基本は一緒です。まとめて考えていきましょう!


「○○放題」が心に及ぼす悪影響

音楽聴き放題

せっかく月の利用料払ってるのに全然聴かなかった。

せっかく何でも聴けるサービスなのに新しい音楽を開拓できなかった。

もっと音楽聴く時間をとりたいよー。

動画見放題

今月観たのは2本かな? 元が取れてないじゃん。なんとかして何か観なきゃ。

また休みの日がドラマ観るだけで終わってしまった。

レンタルにはあるのに動画見放題にはない。どうなってんの!

通話し放題

せっかくの通話し放題なのに全然電話使ってない。自分は友達が少ないのかな。

彼女との電話がなかなか終わらなくてやりたいこともできなかった。がーん!


「○○放題」が身体に及ぼす悪影響

音楽聴き放題

どこに行くにも音楽を聴く生活になって聴力低下。

動画見放題

つい何本も観てしまい睡眠不足になる。

画面の観すぎで眼が悪くなる。

通話し放題

深夜まで長電話をしてしまい睡眠不足になる。


とまぁ、こんな具合です。


人間、制限があるくらいがちょうどいい


上記までのことをシンプルに表現するならば、「放題ビジネスを使っている(利用登録をしている)間は、ずっとそれに取り付かれた状況」と言えます。

ひどいとそればかりが気になって、それ中心の生活になってしまいます。もうそこまでになると依存状態です。

いつでも電話で話してる人とかたまに見ますけど、会ってるときにいっぱい話せばいいじゃん! って思っちゃいます。(昔はみちおも、月の通話料が10万円を超える分くらい、通話し放題で使っていました…。不健康でひどい生活だな。)

端から見てそんな生活が幸せそうですか? もっと他のこともやったらどう? って思いませんか?

やっぱり人間は、制限があるくらいがちょうどいいんです。物理的に歯止めがあればそれにのめり込み過ぎることも少なくなるので。極端にひとつのことに入れ込みすぎるのは、どんなことであれ、みちおは不健康な状態だと思います。必ずなにかを犠牲にすることになりますからね。やっぱり何事にもバランスが取れているのが健全ですよ。

そういった意味では、スマホについては、ネットの容量制限が設けられたのはよかったと思います。7GBの契約をしている人にとっては、制限はないようなレベルかもしれませんが、それでも限りがあるのとないのとでは深層心理的に違うと思います。

新たな放題ビジネスが誕生している現在、放題ビジネスとの向き合い方を考える機会があってもいいのではないでしょうか?