家庭円満.com

家庭円満を目指す夫がホンネをさらけ出すブログ

赤ちゃんの夜泣き対応。そのとき夫はどうするべきか? 妻に任せきりになっていませんか?

赤ちゃんは何かにつけて泣きます。泣くことでしか自己主張できないのですから当然です。それが赤ちゃんの仕事です。


赤ちゃんが泣くことは時間に限らずあるわけで、新生児は夜中におなかが空いて泣いたりします。

自分でおっぱいやミルクを飲めるわけではないので、泣いて訴えるしかないんです。死に物狂いのアピールです。


また、少し大きくなると理由もなく夜に泣くこともあります。

これらがいわゆる夜泣きです。


夜泣きの原因は、睡眠のリズムの発達過程で、浅い眠りの最中に目が覚めてしまうことで泣き出してしまうようです。

個人差もあるし、生理的なものだから、基本的にはどうすることもできず、付き合っていくしかありません。


ということで赤ちゃんがいる家では、否応なしに夜中に起こされ、面倒を見るわけですが、これがとっても大変。

子育て経験のない方も、毎日夜中に何度も起こされることを想像してみてください。ぐったりするのも想像に難しくないと思います。

ただでさえ、子どもが産まれる前より、日中の疲れがあってぐっすり寝たいところなのに、頻繁に起こされるわけですから。


しかも、起きてからすぐ寝られることはなく、おっぱいやミルクをあげる準備をして飲ませたり、泣き止むまで抱っこしてあやしたりと、眠い目をこすりながら結構大変なことをしています。


そんなとても大変な夜泣き。

家族によって対応が分かれるのが、誰が夜泣きの対応をするのか? ということです。


母親がやるに決まってるでしょ、とお思いの旦那さん。奥さんの不満が相当うっ積している可能性大ですよ!!

この時期の不満は将来の夫婦関係、ひいては家族関係に相当禍根を残すことになりますよ!!


みちお家ではいろいろなパターンを試して、家族にとってベストなかたちは


夜泣き対応は夫が最前線!だと導き出しました!


以下、順を追って説明します。

夜泣き対応は完全に妻任せ

#baby crying

仕事があるから俺はできない! という理由で夜泣き対応を奥さんに完全に任せきりにするパターンです。


眠気で仕事に悪影響が出て、仕事でミスをしたら大変だ、そんなんでリストラされたらどうするんだ? というのは、ごもっともです。

でも完全に何もしないってのはどうでしょう? ふたりの子どもですよ? 


これは昭和的な考え方なので、これでは亭主関白がまかり通っている家庭じゃない限り、夫婦関係はうまくいかなくなります。


奥さん視点で考えてみてください。

産後は体調が不安定だから身体は相当ボロボロ。そのうえ、日中は慣れない育児で不安な気持ちでいっぱい。

でも赤ちゃんとずーっと一緒だから休めるときが全くない。

それでいながら、夜泣き対応まで完全に任されると、どんなにおおらかな人でもさすがに余裕がなくなってきます。


その余裕のない状況で、夫のことを見るとどうでしょう?


日中は仕事といえども、外に出て子どもが産まれる前と変わらずに過ごしている。夜だって仕事を理由に一人ぐっすり寝ている。


なんだか自分の状況と比較するとムカムカしてきません? 

同じ部屋でぐっすり寝ている姿を見るとイライラするというのはよく聞く話ですが、別室にしてもやっぱりイライラすると思います。

夫だけ何事もないように静かに寝ていられるなんてって思いません?


もちろん授乳できるのは奥さんだけですが、オムツを替えたり、あやしたりするのは夫でもできることなので、我関せずというのはやはり厳しいでしょう。


ただし、人命にかかわる仕事をされている旦那さんは、奥さんには申し訳ないけれども夜泣き対応要員からは外すべきです。

たとえば運転手や工事関係、医療関係のお仕事をされている方です。眠気で事故を起こすことがあった場合、取り返しがつかないことになってしまいますから。


休みの日の前だけ夫が夜泣き担当


仕事への影響を考えつつも、妻に少しでも休んでもらえるように休みの前の日だけ担当を交代するパターンです。


みちお家でも始めの頃は、このパターンにしていた時期もありました。2時間おきに泣くような時期には、奥さんには申し訳ないけど、平日は免除してもらえるこのパターンがベストかもしれません。

卒乳後であれば、奥さんに夜中起きてもらう必要もなくなるので、週のうち2日程度、睡眠時間をプレゼントすることができます。


このパターンで困ることとしては、休みの日だけ睡眠時間が短いので、せっかくの休みなのに日中、ものすごく眠くなってしまうことです。

平日はなかなか子どもと触れ合えないのに、触れ合える休日になったら眠くて仕方がない、というのが残念でした。

子どもと一緒にいながら、うたた寝することが多かったです。生活のリズムが週のうち数日だけ異なることに身体が対応できていなかったようです。


このパターンを少しだけ発展させるなら、平日は早起き(4時半とか5時起き)するようにして、起きてから数時間は子どもの面倒を見ることを追加することです。

そうすることで、奥さんにわずかながら落ち着いた睡眠時間をプレゼントすることができます。


夫婦が協力して夜泣き対応


夜泣きが始まったらふたりで起きて役割分担して対応するパターンです。

たとえば、オムツ替えは夫が担当し、授乳やミルクは妻が担当するというもの。

夫はオムツを替えた後に寝てしまえば、夜中に起きている時間も少なくて済みます。また、夫のオムツ替えの間に、妻は授乳やミルクの準備をすることができます。


夫婦で協力するというのは何事においても理想型ですのでいいパターンと言えます。


しかし、みちお家ではこれをベストパターンとはしませんでした。なぜなら、妻の負担がこれでも大きすぎるからです。

妻が身体を崩してしまうと、育児への余裕がさらになくなってしまうので、それきっかけで夫婦関係に亀裂が入りかねません。

だから、もっと和らげるようにするために妻の夜泣き対応への負担を減らすことにしました。


夜泣き対応は夫が最前線


みちお家でのおすすめパターンです。

日中、仕事で子どもの様子が見られないのだから、夜こそ夫が子育ての最前線に立つというパターンです。


夜泣きが始まったら夫が起きて全ての対応をし、赤ちゃんを寝かしつける。ここまでを基本的に夫がひとりで行うというもの。

奥さんとしては、サポート役として夫が起きなかったときに起こす、あまりに何度も夜泣きをするときにはバトンタッチする、といった程度の役割に留めておきます。


ショートスリーパーになって仕事との両立も可能

そんなんで仕事が成り立つのか? というお叱りの言葉が想像できますが、これが意外となんとかなるんです。

始めこそ睡眠時間が短くてかなり厳しい、という実感がありますが、慣れると仕事への影響はなくなってきます。


人間とはすごいもので環境に適用できるように身体が自然と変化していきます。

短時間睡眠でも健康的な人のことをショートスリーパーと言いますが、育児を通じてショートスリーパーになったと言える状態になりました。

必要な睡眠時間は、個人差があって変えられないと思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。


夜泣きの時間こそが子どもを独り占めできる貴重な時間

いくら睡眠時間が短くても平気になると言っても、奥さんを休ませるために仕事をしながらそこまでできるか? とも思われそうです。

確かに奥さんを休ませたい、という理由もありますが、実はそれだけではありません。

以前にも書きましたが、子どもの成長は思っている以上に早いです。あっという間に大きくなってしまいます。

だから夜泣きという時間もとても貴重なんです。少しばかり身体がきつくてもしっかり夜泣きを体感した方が、子育ての実感も湧いてきます。


日中、仕事で子どもの様子を見ることができない夫としては、夜泣きの時間こそが子どもを独り占めできる貴重な時間になるのです。


夜中の抱っここそ男性である夫の出番

他にもこのパターンを推す理由としては、夜中の抱っここそ、男性である夫の出番だ、ということもあります。

半分身体が寝た状態で抱っこするときの子どもの重さ。ずっしり腕と腰にきます。

日中も抱っこばかりしている奥さんにその重さを強いらせるのは、腱鞘炎などのケガの原因になります。身体の丈夫な夫が担うべきです。


え? 夫が抱っこすると泣き止まない?

その場合、普段の子どもとのかかわりが薄いかもしれません。休日、夫と子どものふたりだけの時間をもっと取るようにしてみてはいかがでしょうか。


それでも夫の抱っこで泣き止まない場合もあると思います。妻に抱っこを代わってもらったらすぐに泣き止むと凹みますよね。

こういった場合は個人差があって無理だと思いますので、どうしてもダメなときは役割チェンジした方が赤ちゃんのためだと思います。


奥さんの機嫌が最悪になることが防げる

さらにこのパターンの良いところは、奥さんの睡眠時間を確保できることで奥さんの機嫌が最悪になることを防げることです。

睡眠不足が原因で精神的な余裕がなくなるのは誰しもあることですが、産後でホルモンバランスが乱れている奥さんは、より影響を受けやすいと思います。

ですから、夜泣き対応をせずに睡眠不足が解消されれば、機嫌の悪さが最悪にまではならずに済むと思います。


機嫌が良くなるではなく、最悪にならないといった程度の効果しかないと思いますが、この時期を少しでも平穏に過ごしたいなら、夫が夜泣き対応をすることは必要条件ではないかと思っています。


夜泣き対応をしても偉そうにしてはいけない

また、言うまでもないと思いますが、夜泣き対応をしているからといって、「俺は大変なのにやってやってるんだ!」という態度をしてはいけません。

そのような態度を出したくなるのは、自分の子どもを育てているという当事者意識が少ないと言えるので、そう思ったときは、まだまだ親になりきれていないと思って、気持ちを落ち着かせるようにしてください。


以上のように、考えてみましたが、旦那さんの仕事内容から奥さんの体調の具合まで、家庭の状況はさまざまだと思いますので、よく話し合って夜泣き対応の担当を決めてみてください。

決してこのブログを交渉の出しにはしないでくださいね。こういった考え方もできる、ということに過ぎませんから。


どのようにするにしても、大変なのは1年程度です。存分にその大変さを味あわせてもらいましょう!


【追記】生まれてからずっと夜泣き対応をしている第2子のときに思ったこと


上記の内容はわが家の第1子のときに書きました。

なので、夫である私が夜泣き対応の最前線に立ったのは0歳も後半の頃でした。


それから時が経って第2子(こっちも男の子)が生まれました。

第1子の夜泣き対応の経過もあり、また長男が妻にべったりで一緒に寝ないと嫌だったこともあり、次男の夜泣き対応は退院後から夫の私が最前線でした。

私と0歳の次男が一緒の部屋で、妻と長男が別室という具合に。


9ヶ月経ったいまも進行中ですが、あらためて思ったことを追記します。


長男のとき以上に夜泣きに付き合っていますが、夜泣き対応のおすすめパターンは、夫が最前線であることに変わりません。

そう思う理由も特に変化はありませんでした。


しかし、付け加えたいのは、たまには役割を代わってほしいということです。


さすがに生後3ヶ月くらいまでは、ほぼ2時間おきに起こされる生活が毎日で、その都度

起きる→妻を起こしに行く→授乳してもらってる間にミルクの準備→次男を受け取ってオムツ替え→寝かしつけ

の工程を続けるので、相当キツかったです。


仕事があると昼寝をすることもできないので、さすがにヤバいと思うときが何回かありました。

具体的には、仕事中に意識を失ったこととか(寝たというより時間が飛んでる感覚)、風邪をこじらせて咳が止まらなくなったりなどがありました。


そういうときはさすがに役割を少し代わってほしいと思いました。


夜中に授乳をしなくなってからは、妻はぐっすり寝られるようになったので、せめて月に2回くらい代わってくれれば、気持ちも身体もリセットできるのに、とは思います。

が、妻の家事・育児の大変さを知っているので、言い出すことができず、ずっと続けています。


結果的に仕事に支障が出ないよう、この間、眠気覚ましにカフェインを摂取しまくってます。その摂取量はヤバいことになってそうです。


でもやっぱりここは、男として踏ん張りどきだと思います。

多少身体を痛みつけてでも、産後でぼろぼろになった妻よりはマシなんじゃないかと。


そしてなにより、ここで踏ん張ることができると、妻からの口撃(攻撃ではないですよ)が減ります。


今後長く続く夫婦生活の下地になることを信じ、また子育てに後悔しないように、引き続き頑張ろうと思っています。


ちなみに、男性は子どもができてからもホルモンの変化はなく、女性のように子どもの泣き声に反応しやすくなるわけではないので、奥さま方にはその点だけは頭の片隅に入れて置いていただけると嬉しいです。


夜泣き対応策


ということで、夫が夜泣き対応の最前線に立つことを推奨しますが、夜泣き対応を乗り切るために事前にできる対応策もあるので最後にご紹介します。

カモミールティーで夜泣きを軽減

リラックス効果のあるカモミールティー

日本では一般的になっていませんが、ヨーロッパでは絵本のなかにも出てくるほど、夜泣きをする赤ちゃんに飲ませるのが常識になっています。

ノンカフェインなので赤ちゃんにも安心ですし、便秘や風邪予防にもなるので一石三鳥と言ってもいいでしょう。


オーガニックにこだわったすやねむカモミールのように「赤ちゃんの夜泣き対策」とうたっている商品なら、安心して赤ちゃんにあげられるのでおすすめです。

離乳食を食べ始めた頃からあげられるので、夜泣きのひどさに悩んでいる方は試してみてください。

お母さんが飲んでもリラックスできるし、母乳で赤ちゃんにも届けられるのでいいですね。

赤ちゃんの夜泣きにおすすめのカモミールティー

家事を外注する

夜泣き対応で疲れてしまう分、他のところでラクをして気力と体力を温存しましょう。そこでおすすめなのは家事を外注してしまうことです。


こんなところにお金をかけたくない、誰だってできることじゃないか、と思われる方もいると思いますが、家事への労力が減った場合を想像してみてください。

奥さんが家事のおおかたをしてくれていたとしても、赤ちゃんの夜泣きがひどい時期は、まだまだ体調が安定していない時期。少しでも負担が減れば機嫌もよくなること間違いなし。

また、旦那さんが担当する家事を減らすことができても、余裕ができた分で夜泣き対応への余力を残すことができます。


家事を他人に依頼することに抵抗があったとしても、その時期だけと割り切ればいいし、来てくれるスタッフも自分の家事能力が仕事として活かせることにやりがいを感じている方ばかりですので、まったく抵抗に感じる必要はありません。


次の2つのサービスがおすすめですので、余裕がなくなる前に1度試してみてはいかがでしょうか。

  • 家事代行業界最安値水準の1時間2,190円!WEBから1分簡単予約! 【CaSy】

その他関連グッズ・本

他にも夜泣き対策グッズや夜泣きを取り上げた本はいろいろあります。心強い味方を見つけられるといいですね。<

さいごに


仕事に子育てに家事に頑張り過ぎてしまう旦那さんが珍しくない昨今。

私みちおも第2子の産後間もない時期に、妻には言えなかったけど、全く余裕がなくなってヤバい時期がありました。

そんなとき、妻には仕事と偽って自由な時間を過ごすことで心と身体をリセットしていました。

いくら夜泣き対応など旦那さんが頑張っても、潰れてしまっては元も子もありません。

旦那さんは弱音を吐く場がないし、この時期は妻が支えてくれることもないので、私はこのくらいの息抜きは必要だと感じています。そうすればまた、妻を支えようという気概も出ますしね!


適度に息抜きしつつ(奥さんもですよ)、大変なことも楽しみながら子どもの成長を夫婦で見守っていきたいですね。