家庭円満.com

家庭が円満であればどんなことだって乗り越えられる!

絶対役立つ0歳児育児グッズ14選!【イクメンセレクト】

息子が1歳の誕生日を過ぎて、出生からいままでを思い返すと、よくぞここまで育ってくれたなと感慨深くなります。1年でここまで大きく変わることって他の年齢じゃあり得ないですからね。

と同時に子育てする側もいろいろ大変だったなーと思います。妻の体調不良やら情緒不安定、お互いの睡眠不足などなど。


0歳児の育児は、どんどん成長することへの喜びも当然ありますが、赤ちゃんと意思疎通できず、なんでもやってあげないといけない大変さの方がむしろ印象強い気がします。


このような経験のなかで、育児にかかわっている夫として、0歳児を育てるのに役立った赤ちゃんグッズをまとめておきたいと思います。

力技でできてしまうこともあるパパ目線でも役立ったと思えるグッズなので、ママ目線から見ても買って損はないでしょう。

これから出産を控えているご家庭、0歳児を子育て中のご家庭、はたまた結婚と子育てに夢見る方の参考になれば幸いです。


以下、「絶対役立つ0歳児育児グッズ14選!」と題し、順不同でご紹介していきます。イクメンを目指したいなら要チェックやで!

便利グッズとともに少しでも楽しい子育て生活を過ごしてください!

ベビーバス

空気で膨らませるタイプのベビーバスです。

ベビーバスを使用する期間は2、3か月程度と限られていることから、そもそも買わなくてもいいのでは? と思われる方もいますが、うちでは買ってよかったと思える一品です。

なんてたって子育て初経験のご夫婦にとって新生児は、危なっかしいことこのうえない、か弱い存在です。扱いに馴れていないのに、ベビーバスを使用しないで、代用品でやろうとするのは少々危険です。

大人の浴槽に入れることはさほど難しくないんですが、浴槽に入れる前が大変です。

赤ちゃんの身体を洗うときにベビーバスがないとどうすればいいのか、私にはわかりません。ずっと抱き抱えていることなんてできませんからね。


ということで、ベビーバスは買ってしまった方が気楽です。空気で膨らませるタイプなら、柔らかいですし、その点も安心です。

価格も2,000円台とそこまで高いわけでもないですし。

注意点としては、ベビーバス自体をよく洗わないと隙間にカビが生えることです。カビの生えた浴槽に赤ちゃんを入れるのはかわいそうなので、よく見てあげてください。


哺乳びん&乳首洗浄ブラシ

哺乳びん専用のスポンジと乳首を洗うブラシです。

母乳だけでなくミルクも飲ませる場合、哺乳びんの管理が割と大変です。

産まれたての頃は特に抵抗力が弱いため、ミルトンなどの消毒液を使ったり、煮沸するなど、消毒に関しては神経質にならざるを得ません。

消毒液を使えば安心かと言えばそうとも言えないように思います。

そこでおすすめするのが「哺乳びん&乳首洗浄ブラシ」です。

適当に洗うことが重なると意外とミルクの汚れは早いうちに付着してしまいます。一般的なスポンジではどうしても届かない死角ができるためです。

そうなるとやはり、専用のものを使うべきでしょう! 洗う時間の短縮にもなり、よりきれいになるのでこれも買って損はない一品です。


バスチェア

ベビーバスを卒業した後に大活躍するバスチェアです。

この商品は本当に便利です。むしろこれと同じような商品をまったく持っていないご家庭は、赤ちゃんをどのようにお風呂に入れているのか聞いてみたいくらい重宝しています。

この商品ならリクライニング機能もついているので、まだお座りできない子でも安心して座らせることができます。また、ずれ落ちたり、動いて逃げる心配もないので、赤ちゃんの身体も洗いやすく、一緒に入る大人も自分の身体を洗う余裕が生まれます。

柔らかいマットもついているので、冷たかったり、固かったりすることがなく、赤ちゃんに不快な思いをさせることもないでしょう。

2歳まで使えるようなので、うちはこれからもまだまだ使い続けることでしょう。本当になくてはならない一品です。


抱っこひも

ベビービョルンの抱っこひもです。

抱っこひもと言えば、エルゴというイメージがどうも強いように感じますが、イクメンにおすすめするのはベビービョルンです。

おすすめポイントは、付け外しが簡単であることと前向き抱っこができる点です。

前向き抱っこは、赤ちゃんに外の景色を存分に見せてあげられるので、みちおは好んで前向き抱っこをしてあげていました。普通に抱っこひもで抱っこをすると、見えるのはパパママの胸ばかりで、外を見るには横を向かないと見られないですからね。

ただし、その姿はまるでカンガルーのようなので、外を歩いているとわりとジロジロ見られます。でも赤ちゃんが喜んでくれるならそんなこと気にしなくていいでしょう!


ベビーカー(B型)

アップリカの超軽量のB型ベビーカーです。

ベビーカーはどの家も買うとは思いますが、悩みの種はB型ベビーカーを買うべきかどうか、もしくはB型ベビーカーを使えるようになるまでベビーカーを使わないかどうか、じゃありませんか?

B型ベビーカーは7ヶ月頃からようやく使えるようになるので、それまではA型ベビーカーを使う必要があるんですけど、A型ベビーカーは大きくて重いやら、価格が高いやらで、子どもが大きくなると使いづらいんですよね。

うちでは結局、A型、B型ともに買いました。A型が約5万5千円前後、このアップリカのB型が2万5千円前後だからベビーカーだけで8万円近く負担したことになります。

ずっと抱っこばかりできませんし、A型ベビーカーだとアパートの階段を降ろすのも、電車やバスに乗るのも大変なのでB型の購入は必然でしたね。

また、旦那さん的によくても、奧さんのことを考えるとA型ベビーカーはかなりの重労働になりますから、その点でも仕方なかったんです。


そこでB型ベビーカーでおすすめするのが、とにかく軽いアップリカのマジカルエアーです。

これなら奧さんでも、子どもを抱っこしながらベビーカーを持って、階段の登り降りも可能です。びっくりするほど軽いですから。

それでいて、軽くて小さい割に、つくりもしっかりしていて、座席も高めになっています。座席が高いと外食時にベビーカーに座らせたままにできますし、暑さも低いよりマシなのでお子さんにも安心です。

ただ、軽いので荷物をベビーカーにぶら下げたまま、子どもをベビーカーから降ろすと後ろにベビーカーが倒れますのでその点は注意が必要です。


オーボール

ボール型のおもちゃです。

これを持っているご家庭は多いですね。赤ちゃんが握りやすいし、ベビーカーにも付けておきやすいし、軽いし、振ればシャカシャカ音もなるしで何かと重宝します。

うちではこのオーボールを、息子が初めて握ったときは感動しましたね! にぎにぎできたねーって。単純に指に引っ掛かってただけとも言えますが…。


おむつゴミ箱

アップリカのおむつ専用ゴミ箱です。

毎日、どれだけおむつ替えるんだってほど、おむつのゴミは大量です。そして臭います。

ふた付きのゴミ箱は必須ですが、少しでも臭いが漏れないようにするならやはり、専用のゴミ箱がいいですね。

うちではこのアップリカのおむつゴミ箱を使っています。この大きさなら、週2回のゴミ収集で十分それまで貯めておけます。

このゴミ箱本体自体は2,000円ほどですが、以下の専用カセットがただのビニールなのに本体と同じくらいの値段なので割高です。

専用カセット

でもご安心ください。この専用カセットを使わなくても、普通の45リットルのゴミ袋をただはめるだけで十分機能を果たせます。


ケープ

お出かけ時に紫外線や寒さから赤ちゃんを守ってくれるケープです。

お出かけ時の必須アイテムですね。抱っこしていても、ベビーカーに乗せていても、ケープは付けやすいです。

ひざかけなどでも代用はできるかもしれませんが、どうしても形が合っていないので風が抜けたりしてかわいそうだと思います。赤ちゃんは出かけているときもよく寝るので1つは持っておきたいグッズですね。


ソフトスタイ

食事中に使用するスタイです。

これもいろいろな種類が出ていますが、圧倒的にこのベビービョルンのソフトスタイが使いやすいです。

とにかくスタイの形が固定されている点がポイントです。グニャグニャしたタイプのスタイも出ていますが、子どもがスタイを持って振り回そうとすることがあって、そうするとスタイで受け止めていた食べかすをまき散らすことになってしまいます。そんなとき、形が固定されているこのスタイなら、その危険性が回避できます。

また、材質的に洗うのが楽ちんなところもポイントです。おやつも含めて毎食使いますから、さっと洗っても清潔さを維持できるのは重要な点ですよね。


ハイロ―チェア

コンビのハイローチェアです。

ハイローチェアは、新生児の頃は程よい揺れを与えて寝かせておくこともできるし、少し大きくなればテーブルをつけて食事をとることまでできる代物です。

うちでは新生児のときはだいたいハイローチェアに乗せていました。タイヤがついてて移動も可能なので、常に一緒にいられるように動かしてましたね。

自動で揺れを与えるタイプもありますが、うちはその機能のないものにしました。

自動の揺れがヒットすれば万々歳だけど、それは使ってみないとわからないですからね。たぶんうちは買っても効果ない子どもだったんじゃないかな。あんまり揺らす機能使わなかったんで。とにかく抱っこしないと寝ない子ですから。


おしりふき用のフタ

おしりふきに装着するフタです。

おしりふきは通常、ウェットティッシュのようにテープで閉じられています。

だけど、おしりふきを使うときって赤ちゃんがうんちをしたときじゃないですか?

すばやいおむつ交換作業が求められるときに、おしりふきを両手で取ってる余裕なんてあってはいけないんです。

いつおしっこするか、起き上がって動き回るか分からないんですよ?

そうなるとこのおしりふきフタが便利なんです。片手でポンっと開けられますからね! フタさえ開ければあとは片手で取り出せます。

これで片手が空いて非常事態に対応できます。


また、お子さんの写真を入れてあげればかわいさもプラスされます。

安い割には粘着力もあって何度も使えるのもグッドです。


お風呂マット

お風呂に敷くマットです。

うちではお風呂の中用と脱衣場用の2つ持ってます。

お風呂の中用は床が冷たいのでそれを防止するために、脱衣場用は服を脱がせるときと身体を拭くときに使用しています。

キャラクターものも多いので、お風呂が苦手なお子さんには、お風呂に入る動機付けにもなっていいんじゃないでしょうか。


スリーパー

ガーゼ仕様のスリーパーです。

寝てるときに掛け布団をはいでしまうことがあるので、寒い冬は必須でしょう!

これはうちの息子だけかもしれませんが、手触りのいい素材のものがないと寝られないので、このダブルガーゼの気持ちよさは睡眠を誘ってくれるので助かりますね。


イクメンの参考書

イクメンを推進している団体のファザーリング・ジャパンから出版されている「新しいパパの教科書」です。

私みちおは妻の出産前に読みました。

どうしても奧さんよりも親になる実感を持ちにくいのが夫なので、親になる心構えを持つためにもこの本に限らず本の1冊は読んだ方がいいでしょう。

ただし、子育ての知識を詰め込むより、夫ができる子育てとは何かが分かる本にすべきです。そういう意味でファザーリング・ジャパンのこの本はおすすめです。

変に頭でっかちになると奧さんの子育てに口出ししたくなって揉めるだけです。

夫は細かな子育て方法なんかより奧さんのフォローが求められるんです。そのあたりは過去記事を読んでください。


【番外編】Amazonファミリー

小さな子どものいるご家庭や妊婦さんのための会員サービスとしてアマゾンでは「Amazonファミリー」というサービスがあります。

会員登録すると次のような特典があります!

  • 「Amazon定期おトク便」で、おむつとおしりふきが15%割引
  • 「Amazonプライム(Amazon.co.jp: Amazon Prime)」が3か月間無料。お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題
  • 5,000円以上のベビー用品のお買物で使える3,900円クーポンをプレゼント

その他、普段は値引きしない商品がお得に買えるなど、会員限定のシークレットキャンペーンやセールも充実しています。

おむつを届けてくれるだけでも便利なのに、おむつが15%割引なんて、どのお店もしていない割引率ですから、おむつをアマゾンから買うだけでも登録するメリットがあります。

年会費は3,900円ですが、そもそも3,900円分のクーポンがありますから実質年会費はタダですしね。


他社のサービスだとアカチャンホンポでの買い物を近セブンイレブンで受け取れるサービスは、近隣に店舗のないご家庭には結構嬉しいサービスだと思います。

宅配便で届けてくれるのも便利だけど、時間に縛られる点でいえば、自分で受け取りに行く方が便利なときもありますしね。


ということで、子育てグッズやら子育てサービスの力を借りて、笑顔で子どもに接する育児をしてくださいね! 子どもは親の態度に敏感ですよ。