家庭円満.com

家庭円満を目指す夫がホンネをさらけ出すブログ

セックスレスが題材の漫画「あなたがしてくれなくても」を読んで夫婦の心の交流も見つめ直そう

突然ですが、うちは結婚4年目ですが、第2子の妊娠を境にセックスレスが続いています。もう1年半になろうとしています。


夫の私としては決してしたくないのではなく、妻の体調やら子どもの夜泣きやらを考慮して求めないようにしてきました。

そして、そろそろいいんじゃないかと思い始めた頃、満を持して求めてみたところ、妻からは「その気になれない」「疲れてるから」を理由に拒否されました。

幾度となくタイミングを見計らって求めてみても結果は同じでした。


そんな今日この頃、セックスレスを題材にした1冊のマンガを手にしました。

それが「あなたがしてくれなくても」です。

このブログ執筆時点(2018年6月時点)でまだ1巻しか出ていないマンガですが、


セックスレスかどうかにかかわらず、どの夫婦にもどの同棲カップルにも共感できる要素が詰め込まれているマンガだと感じました。

セックスレスに悩んでいる夫婦は特に、セックスレスには悩んでいないけど年数を経て微妙な関係になってきた夫婦にもぜひ読んでもらいたいマンガです。

あらすじ

吉野みち、32歳。結婚して5年、レスになって2年。
夫とは仲が悪いわけではないが、ただひとつ、"セックス"だけが足りていなかった。
ひょんなことから、会社の先輩である新名誠(36歳)と飲むことになったみちは、
つい酒の勢いでセックスレスの悩みを打ち明けてしまう。すると新名は驚いた顔をして、
「うちもレスなんだよね…」と寂しそうに笑った――…。

もうこのあらすじだけで、すぐに手に取りたくなりました。

だって自分に置き換えると・・・

「みちお、30代半ば。結婚して4年、レスになって1年半。
妻とは仲が悪いわけではないが、ただひとつ、"セックス"だけが足りていなかった。」

ですからねー。ほとんど一緒じゃん! と。


主人公のみちと私は、男女の違いこそあれど、同じ悩みで同じような年齢なので、絶対参考になると思いました。

しかも、他の登場人物もセックスレスに悩んでるとなれば、参考になることこの上ないと思いました。


セックスレスで悩む人同士がどう悩みを解決していくかってだけで興味が出てきません?


この後はネタバレしないようにしながら、このマンガの深さを紹介していきます。


セックスを拒否される側の気持ち


ここでは奥さんが旦那さんに振り向いてもらうために、あの手この手で旦那さんを誘う姿が描かれています。

しかし、どれもうまくいかず、結局最後は拒否されて終わってしまうのですが、この拒否される側の気持ち、痛いほどよくわかります。

セックスすると約束した日を待ち遠しく待つ主人公みちの姿は愛おしくて仕方ありません。(マンガといえどそんな奥さんがいることがうらやましくてたまりません。)


拒否する側はこういった描写をどう感じるのか聞いてみたいものです。

その気になってもらおうと頑張って頑張っていろんな準備をした挙句、「今日は無理だから」と一言で拒否されることがどんなにショックなことか…。


同じく妻とセックスレスである職場の先輩の新名も、男性としてセックスを拒否されてどんな気持ちであるか、今後描かれていくのではないかと期待しています。


セックスを拒否する側の気持ち


セックスレスになるのは何も拒否する側だけが悪いわけではありません。

好きで結婚しているのに拒否したくなるのですから、そこには必ずわけがあるはずです。


そうした拒否する側、ここでは旦那さん側がどういう気持ちでしたくないのかが見えてくるのも深いところです。

仕事の疲れなのか、妻に色気がないからか、はたまた抱くことに飽きたのか、妻にだけEDになってしまうのか・・・。


ここでも職場の先輩新名の奥さん側の様子も分かるようになるといいなぁと期待しています。


どちらの理由も仕事が忙しいから、だったら嫌だなーと個人的には思っています。


時間の経過とともに薄れるパートナーへの愛情


夫婦生活が長くなってくると良くも悪くも慣れてきてパートナーへの配慮がなくなる傾向があります。


ここでも旦那さんからのプレゼントを喜んで受け取れない主人公みちの姿がありました。

付き合いはじめならまずしない態度を平気でしてしまうことは、プレゼントをした旦那さんの気持ちからすると、妻の愛情がなくなってしまったと感じてしまうことでしょう。


逆に旦那さんも自分の好きなゲームはするのに、奥さんの望んでいることになると面倒な態度をする姿がありました。

こういった態度も付き合いはじめならまずしないことですよね。


このように時間の経過とともにパートナーへの愛情が薄くなることは、多かれ少なかれどの夫婦やカップルにもあると思います。

それは、パートナーへの関心が徐々に薄くなり、気持ちに寄り添えなくなるからかもしれません。


ここでの夫婦のやり取りを見ていると、自分もうわべだけで妻とコミュニケーションしているときがある、と痛感させられます。


もしかすると、身体の交流ができないのは、前段階の心の交流ができていないことが原因なのかもしれませんね。


今後、セックスレスに向き合う過程で夫婦関係がどう変化していくか、非常に興味深いです。


隣の芝生は青く見える


主人公夫婦も他人から見れば、仲のいい夫婦にしか見えません。

職場の先輩新名だって、優しくてイケメンだからきっと美男美女の夫婦という印象を持たれているような気がします。


でも、どちらの夫婦もセックスレスで悩んでいます。


結局のところ、夫婦間の悩みは外に出にくいこともあって、隣の芝生は青く見えるにすぎず、悩みのない夫婦なんて存在しないんだろうなと思わされます。

この先、どのような登場人物が出てくるかは分かりませんが、きっといろいろな夫婦のかたちが見えてくる作品になるのではないかと思っています。

できることなら、子どものいる夫婦も登場するようになればいいんですが…。


すぐに不倫とはならさそうな展開


こういった題材のマンガでよくあるストーリーは、すぐに不倫に展開して、ごちゃごちゃの人間関係のやり取りが描かれる、といったところだと思います。

しかし、ここでは、同じセックスレスの悩みをもつ主人公みちと先輩新名がいい雰囲気になっていますが、お互いパートナーが嫌いになっているわけではなさそうなので、すぐに不倫にはつながらなさそうです。


セックスレスだからすぐに不倫、という短絡的ではないストーリー展開が期待できるので、今後それぞれの夫婦の内面が事細かに描写されることになるのでは? と予想しています。


もしそうなれば、セックスレスで悩んでいる方にとってこのマンガが、セックスレスだから不倫してしまえ、という良くない思考に結びつくのではなく、内面を見つめて夫婦間で問題を解決しようというベクトルに向かうきっかけになると感じています。


まだ第1巻しか出ていませんが、私にはこのマンガが、そこまで導いてくれるような夫婦の深みを感じさせてくれる作品になると期待しています。


さいごに


といったかたちで、これからの展開の予想も入れつつ、「あなたがしてくれなくても」を私なりに紹介してみました。

セックスレスに悩む夫婦には夫婦関係を見直してレスを解消するヒントを、そうでない夫婦にも日常の夫婦のあり方を見直すきっかけを与えてくれる作品に育っていくように感じました。

第1巻を読んで、久しぶりにマンガで感情移入させられましたので本当におすすめです。私と一緒に今後の展開を楽しみにしてみませんか?

ちなみに、Renta!というサイトだと、無料で試し読みができますので気になる方はこちらからぜひ。

あなたがしてくれなくても 無料サンプル<Renta!>

とにもかくにも早く続きが読みたいセックスレスで悩むみちおでした。