家庭円満.com

家庭が円満であればどんなことだって乗り越えられる!

妻から送られてくる早く帰ってきてメールが恐ろしい。それはまるで時限爆弾!

第2子を妊娠している妻との仲は最近割といいみちおです。

第1子の恐ろしい産後クライシスもひと段落したのでしょうか。話をちゃんと聞いていなかったなどの機嫌を害する行為をしてしまっても、最近は柔らかな態度で流してくれることが多くなったので嬉しい限りです。


産後間もないときは本当に予想もしないところで機嫌を害して、すぐピリピリしてたので、それと比べるとずいぶん変わったものです。

産後の体調と環境の変化はすさまじいものがあるので、それは仕方ないんだけど、夫としてはつらいものがありました。


変化があったのは、ホルモンのいたずらが落ち着いたこともあると思いますが、夫であるみちおの妻への対応が的を得てきたこともあるだろうし、妻もイライラをうまくかわす術を身に着けたのかもしれません。


こうした良好な関係に戻ってきている今でも、恐ろしいものがあります。


それは「妻からの早く帰ってきてメール」です。(メールというかLINEですけどね)


仕事中にそのメールを見たときは正直、「あー…。」とガッカリした気分になります。


帰ってこなくていいよって言われた方が傷つくのに、一方で早く帰ってきてと言われても落ち込む。

その夫側の心理について原因を探ってみました! 関係が良好なのになんで早く帰ってきてメールを恐ろしく感じてしまうのでしょうか。


もしかしたら、妻であるあなたの送ってるメールも夫にとって時限爆弾のような恐怖の代物になっているかもしれませんよ?!

妻がメールを送ってくる背景を考えてしまう

My wife's iPhone4S.

妻が早く帰って来てとメールを送ってくるのは、みちおと早く一緒の時間を過ごしたいからでしょうか?

「大好きだから早く帰って来てほしいな。」という新婚みたいな理由でしょうか?


ゼロとは言わないけど、いまはそれが主な理由ではないです、絶対!


主な理由は、


家事や子育てを1日して疲れ切ってるから早く帰って来てバトンタッチしてよ!

だったり、

1日中、自分の思うようにいかない時間を過ごしてるんだから、早く帰ってきて私にラクさせてよ!


という悲痛な訴えだと思うんです。だから、メールが送られてくるということは、いつも以上に疲れ切ってるんだろうな…とメールを送る姿を想像してゾッとします。


かといって、早く家に帰ったら歓迎されるかと言えば、そうでもないのがややこしいところ。

必死に早く帰って、子どもをお風呂に入れたり、寝かしつけたりしても、やり方に文句を言われたり、大変だったエピソードを散々聞かされたり、嫌なことの八つ当たりをされたりします。

頑張って早く帰って来たのに…。


どうやら妻にとって夫が早く家に帰ってくるのは「当然」のことのようです…。だから歓迎することはあり得ないということ。


「言わなくても早く帰って来るのが普通でしょ!」とか、「言わないと早く帰って来ないから言うのよ」というのが妻のスタンスみたい…。


そんなんで早く家に帰りたくなると思います?

もちろん妻のそうした態度にはどうしようもできない背景があって、たとえば睡眠不足のなか身体に鞭打って家事・育児をして気持ち的にも余裕がないこととかがあるんだと思います。


でも、夫側だって早く帰るのに苦労した挙句、歓迎どころか罵倒されるようじゃ早く帰るモチベーションが上がってこないですよね。

そういう気持ちのときに妻からの早く帰ってきてメールが来ると、苦労が報われない記憶が走馬灯のようによみがえり、反射的にガッカリしちゃうんだと思います。


仕事をすっぽかして帰れない


夫の仕事によって変わりますが、大抵の人は残業はあって当然っていう勤務体系ですよね? みちおの会社も残業ありきで仕事をまわしている状況です。


なので、妻から早く帰って来てとメールで急に言われても、ほとんどの日がすぐに帰れる状況じゃないから困るんです。

そりゃね、何日かは仕事をすっぽかして翌日にまわして帰ることもできますが、それをしょっちゅうしてたら、仕事が溜まりまくって気持ちの余裕は無くなるわ、余計に残業しなきゃいけなくなるわ、まわりの職員とギスギスし始めるわ、という嫌な状況になってしまいます。


そんな状況だからこそ、早く帰ってきてメールが来ると期待に応えられないことばかりなのでガッカリしてしまうのです。


結局、妻を選んでも仕事を選んでもうまくいかない


いままでの書きぶりを見ると、早く帰ってきてメールが来てもほぼほぼ仕事を選んでそうと思われるかと思いますが、決してそんなことはありません。

仕事をこっそり家に持ち帰ったり、やっつけで仕上げたりしつつ、妻の早く帰って来てメールを受けて無理やり早く帰ることもあります。


そんなときはたいてい、早く帰った方がのちのちのためだぞ! と思うときが多いのですが、どういうわけだかその予想は外れることが多いです。

帰ってみると子どもがすでに寝ていたとか、体調が悪いと聞いていたのに帰った頃には何ともなかったとか…。


またまたそんなときに限って、職場には無理言って帰してもらったりしてたりするので、そのガッカリ度はハンパないです。それなら早く帰って来てなんてメール送らないでよって。


その逆もまたしかり。早く帰らなくても大丈夫だろと思って仕事を優先して帰らなかったときに限って、ものすごく機嫌悪くなってたり…。


妻の気分予想が当てにならない以上、早く帰って来てメールが来たとき、妻を選んでも仕事を選んでも結局どっちつかずにしかならないことに気付きました。

妻を選ぶと仕事がたんまり残ってしまうし、仕事を選んでも妻の機嫌を損ねてしばらく面倒なことになるし。


そう考えると、妻からの早く帰って来てメールはいずれ爆発してしまう時限爆弾のようなものです。メールを受け取って慌てて妻か仕事か選択しても、時間がくるとどちらかは爆発してしまうのですから。

そんな究極の選択を迫る早く帰って来てメールは、開封したら爆弾の栓を抜くようなものなので、メッセージを見た瞬間ガッカリしてしまう気持ちも分かってもらえますかね。


それでも夫に早く帰って来てほしいなら


専業主婦でずっと子どもと家にいる妻にとって、夫が仕事からなかなか帰ってこない時間は、ものすごく長く感じる気持ちもわからなくはないです。

だけど、早く帰って来てほしいと当日メールで言うのは、できる限り少なくしてほしいのが正直なところ。仕事を調整するのはそんなに簡単なことではないですから。


それでも、当日メールで送ってくるのは、その日、その時の気分にならないと分からないからだと思うんです。


だったら、夫をその気にさせて円満に実行させちゃいましょう!

具体的には、早く帰ってきた日はオーバーリアクションで夫を気分よくさせちゃいましょう! 手伝ってもらって助かるなー、うれしいなーって感じで。


そうしたら男って単純な生き物なので勝手に早く帰ってくるようになります。それが一番妻であるあなたの望むかたちではないですか?


夫も頑張って仕事切り上げてきているので、妻のあなたも少し頑張って夫をおだてちゃってくださいね。