家庭円満.com

家庭円満を目指す夫がホンネをさらけ出すブログ

公認不倫のマンガ「1122(いいふうふ)」は不倫と無縁でも夫婦円満のために読むべきマンガ

家庭円満的おすすめマンガの紹介です!


今回ご紹介するのは、1122と書いて「いいふうふ」と読む、夫婦問題に焦点を当てたマンガです。

普通の夫婦ならまず無縁な公認不倫を取り扱ったマンガなので、「不倫なんてうちには関係ない」と思っているご家庭だと避けてしまう内容だと思いますが、不倫よりも夫婦関係を考えさせられるところが深い(不快じゃなくて)マンガです。


夫婦円満を志すなら読んでおいた方がためになるマンガですから、ひとまず1巻だけでも手に取ってはいかがでしょうか?

あらすじ

本ブログではネタバレしないようにしながら、1122を紹介していきますが、まずは大雑把なあらすじを本ブログ流にお伝えします。


主人公夫婦は、とにかく妻にやさしく、気遣いのできる夫「おとや」とセックスなしでもいい夫婦関係を築こうとする妻「いちこ」です。

結婚7年目の子なし夫婦です。


ある日の妻の態度を境にセックスレスになります。

その気になれないいちこは、夫から求められるくらいなら性は外で済ませて来て欲しいと夫に提案します。

家に持ち込まなければ不倫してもいいという公認不倫です。


ルールに則って、おとやは、成長に遅れがある男の子を育てる人妻「美月」と不倫関係になります。習い事きっかけです。


美月は子育てに疲れ悩むのに、美月の夫「志朗」は、子育ては妻の仕事だと相談にも乗ってくれません。

そんななかでおとやとの不倫は、束の間の癒しの時間でした。おとやもまた、満たされない性欲を美月で満たしていました。


そんな不倫関係と2組の夫婦関係を心情からこと細かに描いているマンガが1122です。


それぞれの登場人物の感情の揺さぶりに、きっと共感することになるでしょう。


1122を読んで思ったこと


1122で今後の展開に興味があるのは、みちお的には次のあたりです。

  • 公認不倫の果てにどんな夫婦関係が待っているのか
  • セックスレスでも夫婦関係はうまくいくのか
  • 子育てに悩んだ主婦は夫にどうしてもらいたいのか
  • なにが不倫に走らせるのか
  • 親戚付き合いの距離感はどう取っていくのか

直接的に自分の夫婦関係には関わらなくても、夫婦関係のヒントが間接的に得られると思っています。


以下は4巻まで読んで、私みちおが思ったことを紹介し、1122の紹介に代えさせていただきます。


割切った不倫なんて無理


不倫が一応メインテーマなので、まずは不倫について考えてみました。


公認不倫って結局のところ、家で満たされないことを外に求めるので合理的なように感じます。


外で満たされて、その満たされた気持ちが家庭に向かうならWin-Winじゃん、と思いがちですが、人間は感情の生き物だから、やっぱり適切な距離感を保つことができないんだなぁ、と思いました。


いくら自分自身が割り切れるとしても、相手がいての不倫なので、相手も同じように割り切ったままでいられるとは思いにくいです。

どこかで絶対、情が入ってきてややこしいことになりますよね。肉体的な関係から精神的な関係になっていく感じで…。


そのあたりの移りゆく不倫関係をつぶさに見てみてください。

私みちおは不倫なんてすべきじゃないと心底実感しました。


セックスは夫婦関係に超重要


おとや夫婦は外から見れば、仲のいい夫婦にしか見えません。2人が家で過ごしてる様子だって典型的ないい夫婦にしか見えません。

でも、夫は妻公認の彼女が外にいて、隠し切れないくらい浮かれてます。


仲良く見えますけどこれって一種の仮面夫婦なんじゃないかと思います。


そうなったきっかけは、家族だし、夫婦仲もいいからセックスしなくたっていいという妻の態度でした。


夫婦だからこそセックスが大切なんだと私は思います。

もちろんどうしてもしたくないとき、できないときはあります。


でもそういうとき、断り方がすごくすごく重要です。


理由もなく、ただしたくないと言うことは、急に会話をしなくなるのと同等です。

会話できないときは、体調不良だったり、多忙だったりがあるわけじゃないですか? そういう理由伝えますよね?

理由も伝えず会話する気がないとだけ言われたら、嫌われたとしか思えませんよね。セックスの断り方についても同じです。


断るならそれなりの理由を伝えるべきですし、明確な理由がなくても、次がないわけではないことを示すべきです。


また、セックス自体についても、自分勝手ではない思いやりが大切ですよね。

独りよがりじゃなくて、ふたりで別世界に行くような感じにできるとベストじゃないですか?!


セックスは夫婦の大事なコミュニケーション手段と意識して、夫婦の潤滑油になれるようにしたいものですね。

(そんなことをいいながら、うちはセックスレスですけど・・・)


大事なことは夫婦で話し合う


最後に。当たり前だけどなかなかできなくて、すれ違いの原因になる、家族のことを夫婦で話し合いができない問題です。


1122に登場する夫婦も結局のところ、大事なことを夫婦で話し合いしていないから不安になったり、不審に思ったりしています。


家庭円満.com的には、志朗が子どものことを美月に丸投げで、相談されても考えようともしないことが、何よりもヤバイ状況だと感じました。

息子は成長に遅れがあって、療育に通っているんですから、多くのお母さん方よりも何倍も悩んでいるはずです。人一倍手のかかる子だし、今後の心配も尽きないでしょうし。

そんな大事なときに、旦那として、父親として、考えることすら放棄してしまったら。

夫婦の絆が保てるわけないですよね。


いちこについても話し合いをしなかったことでこじれています。

おとやは人一倍やさしい夫で怒ることもないので、知らず知らずのうちにいちこは一方的な考えを押しつけて、話し合いになっていなかったと思います。


話しはしていても、夫の考えをきちんと聞こうしないようでは話し合いではないですよね。


おとやもそれを実感しているからこそ、妻のいちこよりも不倫相手の美月に身体だけでなく、次第に気持ちも傾いていったんだと思います。


大事なことを棚上げしたまま、いい夫婦関係を継続できるほど、結婚生活は甘くないってことですかね?

(そんなことをいいながら、みちおも話がこじれそうな家族の問題には首を突っ込みたくない雰囲気を出してしまいます・・・)


さいごに


1122では、どちらの夫婦も結婚する前の回顧シーンが描かれています。

初心忘るべからずじゃないですが、たまにはパートナーに強い恋愛感情を抱いていた時期を思い出してみるのもいいなぁと思いました。

パートナーに対する無垢な気持ちが少しでもよみがえってくるかもしれませんよ?!


今後の新刊を楽しみにしながら、1122(いいふうふ)でいられるように、パートナーと手を取り合って日々を過ごしていきたいものですね。

ひとそれぞれいろいろな感想があると思いますので、コメント欄やTwitter(@kateienman)などで聞かせてもらえると嬉しいです。

ちなみに、Renta!というサイトだと、無料で試し読みができますので気になる方はこちらからぜひ。

1122 無料サンプル<Renta!>