家庭円満.com

家庭円満を目指す夫がホンネをさらけ出すブログ

妻または夫が知ったらがっかりする現在進行形の秘密はありますか?

2児の父のみちおです。子どもは4歳と1歳でともに男の子です。

どちらもやんちゃ坊主なのでにぎやかな毎日を過ごしています。


妻は専業主婦で家庭を守ってくれています。長男は幼稚園に行っていますが、次男はまだ家にいるので一息つく暇もないくらい忙しい毎日を過ごしています。


そんな家庭事情ですので、夫の私も家にいれば、家事に育児に翻弄されています。

ですので、普段から休息や趣味、自分の買い物などに使う時間はまずありません。


妻ももちろん同じように自由の少ない状況にありますが、休日に子どもと離れて気分転換できる時間を夫の私が作るようにしているので、全くないということはありません。


このような状況ですので、私は時折、フラリーマンだったり、カラ出勤だったり、妻には内緒で自分の時間を作っています。

そんなことを思って次のツイートをしたところ多くの批判と少しのエールをいただきました。


そこで疑問に思ったことがありました。

みんなパートナーに秘密にしていることってないの? っていうことです。

夫婦関係の緊急アンケートをTwitterで実施

Secret

そこでTwitterで次の質問項目と選択肢でアンケートを1週間実施しました。


Q.「あなたはパートナーが知ると怒ったり、がっかりしたり、幻滅すると思われる秘密にしていることがありますか?過去のことではなく現在進行形の秘密です。」


A1.「夫または妻に言えない秘密にしていることがある」
A2.「夫または妻に話せないことは何もしていない」
A3.「結果閲覧用」


※アンケートの回答状況を見たいがために適当に回答されないように、結果だけ見たい人用に「結果閲覧用」という選択肢を設けています。

そして、多くの方にリツイートいただき、1,311人もの方にご回答いただいたアンケート結果はこちらです!!




秘密事がない人の方が多いんですねーーー!!!!


より現実的な結果として見るために「結果閲覧用」と回答した人を除くと、

秘密にしていることがあるが459人で46%
秘密にしていることがないが537人で54%

という結果になりました。


秘密にしていることがないという明るい未来!


私の予想に反して、パートナーに秘密にしていることがないというみなさんが多い結果となりました。


これってすごい明るい未来を感じさせる結果ですね!


隠し事をしないでいられるということは、パートナーときちんと意思疎通できていて、日々充足感を得られる生活をしていないとなかなかできないことだと思います。


だってパートナーにムカつくことがあれば、奥さんなら贅沢なランチにでも行きたくなったり、お高い服を買いたくなったりするだろうし、旦那だって家にすぐに帰らずフラりとしたくもなるだろうに、そういったことをしなくていいわけですからね!


それができる家庭が半数以上いる日本の家庭は本当に明るいなぁと思います。時代は変わりましたね!


内緒にした方が上手くいく家庭もある


一方でお分かりいただけているかと思いますが、私は妻に言えない秘密があります。


どんなことを秘密にしているかと言えば、ブログをやっていること、副収入を得ていること、たまにフラリーマンやカラ出勤をしていることなどがあります。

ただし、婚外恋愛などの社会的倫理に反することはしていません。


秘密にしていることに対して、フラリーマンの話題のときには次のような意見を目にしました。

  • バレたら地獄なので連絡入れたほうがお互い楽
  • 休みたいならちゃんと言ってほしい
  • そもそも「息抜きさせて」「いいよ」の関係性が築けていない時点で「その関係性作ったら?」以外に言葉が出てこない
  • もしバレたらパートナーは疑心暗鬼に陥る。そこまでのリスクを冒してフラフラするのが楽しいのか疑問に思う
  • 関係性の面倒から逃げてるところにイライラする
  • 夫婦で話し合えない状況こそが癌なのではないか
  • お互いに秘密を積み重ねるのがよいこととは思えない。嘘ついて裏切らないと休息できないっていうのは、どっちが悪いにしろ夫婦関係が破綻している
  • 嘘をついたり裏切って、どうして夫婦円満にやっていけると思うのか


そうだよな、と思う意見もありますし、それは大げさじゃないかな、と思う意見もあります。

いずれにしても、ここまで言われたら、夫婦間の秘密はガンでしかないと思わされてしまうかもしれません。


ですが、私はきれいごとだけで夫婦円満、ひいては家庭円満は成り立たないと思っています。

隠し事がないと家庭円満が成り立たないという固い考えに縛られている方がむしろ危険であるとさえ思います。


なぜそこまで言うのかといえば、隠し事はいけないといくら思っていてもパートナーが心の底でどう思ってるかなんてわかりませんし、なにをしているかだってすべてを把握できるわけではありません。


それを追求するのがいいことだとも思えませんので、パートナーのことを信じつつ、多少の隠し事くらいあるよね、というゆるい考えでいる方が心に柔軟性があって家庭円満にはよいと思うからです。


また、そもそも嘘を上手くつけないようでは、大人としてどうかとも思います。

いい悪いは別にして、社会は本音と建前のバランスが重要ですし、家庭であっても何から何まで本音だけで上手くいくとは到底思えません。
(本音だけでも上手くいくと思っている方は、パートナーが我慢してるから成り立っているにすぎません。)


あるパパ垢の方がおっしゃっていましたが、お互いに察して、配慮するのが大人というのは真理をついていると思います。


だから、たとえ疑問に思う出来事があっても、パートナーの背景を考えて時に追求しないことも必要だと思います。


ちなみに私がなぜ、妻に秘密にしていることがあるのかと言えば、うちは夫個人のことは話し合ってもなかなか尊重してくれず、うまくいかないので内緒にしています。


もし妻の言うがままにしていたら…


「ブログ? そんなに暇な時間があるの? 変なこと書かないでしょうね。」
「副収入? 給料が少ないんだから、それも家計に入れてよね。」
「仕事帰りに寄り道? そんなことしてないで早く帰ってきて手伝ってよね。」
「自由な時間がない? 通勤時間中と昼休みがあるから十分でしょ。」


と言われて、我慢の連続でストレスが溜まっていき、そのうち夫婦関係に悪影響を及ぼしてしまいます。


分かってもらえるまで話し合えばというのはごもっともですが、いくら夫婦といえどもどうしたって分かり合えないことはあります。


子どものことなど大事なことは徹底的に話し合って考えを近づけていく必要はありますが、すべてをそうする必要はなく、内緒にして上手くならそれもひとつの方法だと思っています。


夫婦のかたち、家庭のかたちに正解はない


アンケートの結果から、隠し事のない夫婦が半数以上であるので隠し事はいけないとも言えますし、一方で半数近くは隠し事をしているので、多少の隠し事は普通であるとも言えます。


結局のところ、夫婦のかたち、家庭のかたちに正解はないので、それぞれに合ったかたちをそれぞれの夫婦で追及していくしかないと思います。


ただし、どんな夫婦であっても夫婦のベースとして、お互いを労り合うことだけは忘れてはいけないとは思っています。


アンケートにご協力いただきましたみなさま、私のツイートにレスをしていただきましたみなさま、ありがとうございました。